1. ヘアーシルエット トリートメントフォーム

ヘアーシルエット トリートメントフォーム

管理人の評価(平均:2.6点)
価格(税込) 3,564円

柔らかめの泡で、扱いやすい白髪染めトリートメント。イオン結合で髪の表面に染料を残します。

セイヨウオトギリソウエキス、ホップエキス、ガゴメエキスなど、海洋ミネラルや植物エキスを配合しており、髪の補修力が高いです。

 

おすすめ度 ⇒ 3

泡タイプとしては標準的な印象です。染まり具合も悪くありません。値段がちょっと高いかなと感じますが、補修力が高いので、髪が傷んでいる人にお勧め。

 

色持ち ⇒ 3

シャンプーで少しずつ落ちますが、こちらも標準的という印象。翌日、汗ばんだり少々濡れても、色の付いた水が流れるようなことはなさそうです。色が残りやすいので、地肌につかないように塗布するのがポイントかと思いました。

 

使いやすさ ⇒ 3

泡は柔らかめで弾けやすい印象。ボタッと一ヶ所に残らないのは、扱いやすいと思います。付属のブラシは便利ですが、リタッチの場合はコツが必要かも。

 

買いやすさ ⇒ 2

見つけにくいと思います。スーパーやドラッグストアでは見かけません。楽天市場やAmazonでの販売が一般的なようですね。

 

価格 ⇒ 2

80g入りで3,456円。泡で出てくるので、ロングヘアの人なら2回使えるかどうかと、ちょっと高いと思います。

 

扱いやすく色も残りやすい。標準的な泡染めでした

ジアミンを使っていないタイプの、泡で出てくる白髪染めトリートメントです。スタイリング剤にしか見えないパッケージで、使いやすそうなブラシも付属してるし、良さそうと思って買ってみました。

シャンパンカラーのボトルは可愛い感じ

ヘアーシルエットトリートメントフォームを手に持っているところ

最近は白髪染めに見えないものが多いですけど、それにしてもどんどん可愛くなってますね。いいことです^^

 

泡タイプは手で使っても扱いやすいですけど、目の粗いブラシがあると、より使いやすい。100円ショップなどでも売られてますけどね。

付属品は他に、ビニール手袋がついてました。

ヘアーシルエットと、付属の手袋とブラシ

ブラシを使うなら、手袋は要らないかなーと思うんですが、付属してるってことは色が残りやすいのかも。と思い、両方使っておきました。

結果、正解でしたね~。

 

さてこの白髪を染めてみます

染める前の白髪

乾いた髪に使うタイプ。色はダークブラウンです。

白髪を染めるといっても、頭髪全体が白髪なのと、伸びた部分だけ染めるリタッチでは、染めやすさが違うんですよね。泡タイプは、どっちかというと頭髪全体を染めるのに向いてると思います。

ムラなく全体に、均一に伸ばす方がやりやすいし、液だれしない利点も、長い髪を扱う方が活きる気がしますね。

 

泡はわりと柔らかいというか、膜が薄い感じです

ヘアーシルエットの泡をブラシに出したところ

ムチムチとかモチモチではなく、シュワシュワという感じの泡です。髪につくとすぐ弾けて、液状に変わりますね。

泡が爽やかな分、一ヶ所に留まりにくいんですよね。なので、リタッチのように他より強く色を残したいところがある場合は、意識的に白髪の上にたくさんのせないと、染まらないのかもしれません。

私の場合はリタッチですから、髪の根元にたっぷりのせておきました。

待ち時間は10分~15分。乾いた髪に使うなら、標準的な放置時間だと思いますね。

 

15分放置したあと、シャンプー・コンディショナーを使い乾かしたのがコチラ

ヘアーシルエットで染めた髪

全体的にトーンが揃って黒髪っぽく見えます。まぁまぁ染まったなーという感じですね~。

特に、髪の補修力が高いのを感じました。表面もだけど、内側の髪の状態も良くなりましたね。そのため、髪の根元が立ってふんわりする印象でした。

翌日のシャンプーでの色落ちは、標準程度。すすぎ湯に色がつきますが、あっというまに白髪にもどる、というほどではないですね。

 

全体的に悪くないんですが、惜しいなと思ったのは値段です。3,564円(税込)ですが、実質1,2回分ってとこ。ロングヘアで白髪のまま伸ばしている人なら、1回分だと思います。

もうちょっと安いと、良かったんだけどなーと思いました。

 

こちらもどうぞ

国産黒大豆の泡染めトリートメント

自然由来の保湿成分で、傷んだ髪を補修してくれる泡タイプの白髪染めトリートメント。ガスを使っていない、ポンプ式の容器はエコな感じです。取り扱い店舗は多くないので、見つけにくいかも。

 


このページの先頭へ戻る