1. ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム

ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム

管理人の評価(平均:2.4点)
価格(税込) 7,980円

脱色剤を使っていない白髪染め。パラフェニレンジアミンを使っているので、市販の2剤式と同じように染まります。

 

おすすめ度 ⇒ 2

むくむくした泡で、扱いやすいです。化学反応で発色するジアミンで染めるので、白髪もしっかり染まります。頭皮になるべくつかないように使いたい原料なのと、価格がネック。

 

色持ち ⇒

表面をコーティングするのではなく、市販の2剤式の白髪染めと同じように染まるので、色持ちします。ちゃんとすすいで乾かせば、翌日から色落ちも全くありません。

 

使いやすさ ⇒ 3

プッシュ式のノズルで使いやすいです。出てきた泡が飛び散ることもなく、便利。個人的には刺激臭がキツかったです。

 

買いやすさ ⇒ 2

「ヘアボーテ」で検索すればと公式サイトが検索結果に表示されます。Amazonでは取扱いが無いので、検索でしか見つけられないのかも。値段も高いので、買いやすいとは言えないと思います。

 

価格 ⇒ 1

普通に買うと1本7,980円(税込)します。1回では使い切らないとはいえ、美容院で染めるより高い・・・。定期購入しても、初回は3,990円ですが2回目からは4,780円です。

 

2剤式の白髪染めと同じように染まります

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームは、脱色剤が使われていないのが特徴の白髪染め。

見た目はスタイリング剤みたい

色合いなどがルプルプヘアカラーフォームと似てますが、ルプルプもこれも、海洋由来の美容成分が配合されてる白髪染めなんですよね。

こちらには、ガゴメ昆布のフコイダンの他に、スクワラン、真珠エキスも配合されてます。

 

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームは、化学反応で発色させるタイプの白髪染め。だから、ヘアカラートリートメントよりも、市販されている2剤式の白髪染めに近いです。

2剤式には脱色剤が配合されていて、黒髪を脱色し、元々白髪だった髪と黒髪を同じ色に染めます。

だから明るい栗色とか、スモーキーブラウンなど色んな色合いに染められるんですが、脱色後に色を染めるのは「ジアミン(パラフェニレンジアミン)」という酸化染料。

このシーエッセンスカラーフォームにも、パラフェニレンジアミンが使われています。

髪の表面と、内部の一部分に染料を入れ込むヘアカラートリートメントとは、この点が大きく違います。

酸化染料は化学反応で髪を染めるので、しっかりと褐色に染まるので便利。特にアレルギーがなければ、使っても問題はありません。使用頻度や用法を守って使うのが前提ですけどね。

 

さて、この白髪を染めますよ

使い方は乾いた髪に塗布して5分から15分ほど放置。あとはすすいで、通常通りシャンプーとコンディショナーもしくはトリートメントで仕上げます。

 

おもしろいのは泡の色の変化。トリートメントタイプの泡は、最初から黒いのが出てきますが、これは空気に反応して発色するので、最初はキレイな色なんですが

 

すぐ色が変わるんです

色が変わるとなんとなく焦っちゃうんですけど、別に急ぐ必要はないんですよね(笑)

 

泡の色の変化は気にせず、どんどん白髪の部分にのせていきます。個人的には、刺激臭が気になったかな。鼻と目にしみる感じの匂いがしますね。

ジアミンが使われているので、地肌にはあまり付かないようにしてのせました。

15分待ってからすすぎ、シャンプーします。髪の手触りはそう悪くないですね。ツルツルとまではいきませんが、脱色剤が使われていない分、2剤式のようにはガサガサ感がありません。

そうして乾かしたのがこちら

染まりますね~。白髪があったところが分からないくらい、ちゃんと染まります。そして泡がついたところは発色するので、髪全体に色が入ってトーンが暗くなりました。

 

髪表面に色をつける染め方と違うので、やっぱりしっかり染まります。

ちゃんとすすいで乾かしておけば、翌日以降濡れて色が落ちることもありません。

でも、ジアミンが入っていてもいいのなら、千円くらいで買える、市販の2剤式の白髪染めでもいいんじゃないのかなと思っちゃいます。

脱色剤が入っていない分、髪の傷みは2剤式よりも軽減されるようですけどね。

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームは、ジアミンアレルギーの心配がなく、極力髪を傷めないで、白髪を一度でしっかり染めたい人によさそう。

個人的には、刺激臭がちょっと・・・。そして値段も高すぎると思いました。

こちらもどうぞ

ラサーナヘアカラー ムースタイプ

ヘアエッセンスで有名なラサーナの泡タイプ白髪染め。脱色剤が入っていないので、地毛の色味を残したまま白髪を染められます。

 


このページの先頭へ戻る