1. ルプルプ ヘアカラーフォーム

ルプルプ ヘアカラーフォーム

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 1,980円
※初回購入の場合

脱色剤・ジアミンは不使用の、泡タイプの白髪染め。植物・海藻由来の保湿成分配合で、髪と地肌をいたわりながら色を入れます。トウモロコシ由来の天然コーティング成分で、髪の根元が立ち上がり色持ちもします。

 

おすすめ度 ⇒ 3

潰れにくい泡で髪に絡ませやすく、染め残しも出来にくいです。ジアミンなど刺激の強い染料は使われていないので、髪にも地肌にもダメージがありません。刺激臭もなし。

自然由来の染料・コーティング成分・ガゴメ昆布由来のフコイダンと、他にはない処方で白髪を染めながらケアします。これまでの白髪染めで頭皮や髪の傷みが気になっている人、ペースト状のカラートリートメントだとムラになってしまう、という人におすすめ。

 

色持ち ⇒

ルプルプ独自の成分で、染めた髪をコーティングするためシャンプーしても色があまり流れません。色持ちはいいですね。完全な白髪は、1度では褐色に染まらないので、最初は3回ほど続けて使うといいと思います。

白髪の生えている部分にだけ使うことができ、残りは保存しておけるのでムダも出ません。

 

使いやすさ ⇒ 3

ヘアフォームのように、長いノズルから泡が出てくるタイプ。ノズルをプッシュするのも楽だし、使い方も難しくありません。

自分では染めにくい、後頭部や髪の内側にも広げやすいので、ぶきっちょさんや白髪染め初心者にも使いやすいと思います。

 

買いやすさ ⇒ 3

店舗では販売されておらず、ネット通販が主です。商品名で探せばすぐ見つかりますが、「ルプルプ(LPLP)」はシリーズ名なので「カラーフォーム」まで入れないと、他の製品も出てきてしまいます。

このサイトでは、カラーフォームの公式販売ページを紹介しています。

 

価格 ⇒ 3

ショートヘアーの人が、3~4回全体染めに使える量が入って3,780円(税込)と、標準的だと思います。初回購入は1,980円と、かなり安くなります。

2本ずつ届く定期コースで買うと、よりお得になりますよ。

 

泡染めなのに、ジアミンなし。髪と地肌を傷めないヘアカラーフォーム

泡タイプの白髪染めって、けっこう前からありますよね。2本の缶がドッキングしてて、プッシュすると混ざって出てくるタイプとか。

そのほとんどが、ジアミンを使った染毛料でした。

でもここのところ、ジアミンを使っていないトリートメントタイプの白髪染めを、さらに使いやすく泡タイプにしたものも次々と発売されてまして。

ルプルプヘアカラーフォームも、そのひとつ。

ペースト状のルプルプヘアカラートリートメントも、個人的に気に入っているので、泡タイプもトリートメントと同じくらい染まるなら便利でよさそう、と期待しました。

スリムなボトルで握りやすい

ルプルプヘアカラーフォームを手に持っているところ

ルプルプのシリーズって、白髪染めにはちょっと珍しい、グリーン系のパッケージなんですよね。いかにも白髪染め!って感じじゃないのも、いいなと思ってます。

 

ルプルプヘアカラーフォームは外箱に入って送られてくるんですが、箱の中にはボトルの他に、手袋と専用のブラシが入ってました。

ルプルプへアカラーフォームと付属品

これがついてくるってことは、素手では使わない方がいいってことですよね。ブラシは泡がのせやすい幅があり、使いやすかったですよ。

 

ではこの白髪を染めてみましょう

白髪の伸びた状態

白髪って、初めて染める時以外、伸びてきた部分を染め続けることになると思うんですが、地肌に近い部分って染めにくいんですよね。そこをしっかり染めたいのに。

ペースト状の白髪初めでも、地肌にしっかり塗りつけてもいい、ってものは少ないので、よけいに難しいです。

泡タイプの白髪初めでも、ジアミンが使われているものは、地肌につかない方がいいので難しいんですけど、ルプルプヘアカラーフォームはジアミン不使用。

加えて、地肌ケア成分も使われていますし、pH値の工夫で皮膚には色が残りにくくなってますから、気にせず地肌ギリギリまでつけられます。

泡は濃くて、細かいタイプ

ルプルプヘアカラーフォームの泡を手に出したところ

ジアミンを使っているタイプは、ボトルから出てきた時は淡い色で、空気に触れると褐色に発色するものが多いんですけど、ルプルプは最初から褐色の泡が出てきます。

泡の色がわかりやすいように手のひらに出してますが、髪に塗るときは付属のブラシを使って伸ばしました。

使い方はシャンプー前の乾いた髪につけて、10分程度放置するだけ。あとはお湯である程度流してから、普通にシャンプーします。コンディショナーやトリートメントはお好みで。

私は毛先だけに、コンディショナーを使っておきました。

 

ルプルプの泡は、髪につくとプチプチと弾けるのがわかって面白かったですね。公式ページの説明によると、ルプルプの泡は髪につくと弾け、染料が髪全体を覆うように広がるようにできてるそうです。

確かに、ペースト状の白髪初めだと、自分で髪全体に液を伸ばさなくてはならないので、慣れてないとムラになったりするんですよね。

泡の場合は髪に絡みやすいのもあり、扱いやすくムラになりにくい点がいいと思うんですが、ルプルプはさらに広がってくれるので、より簡単でいいと思います。

液だれしにくいのも泡タイプの白髪初めの良い点ですが、ルプルプの泡は特に濃厚なので、この点もより良さを感じます。

生え際までしっかり、泡をケチらずにのせるのがうまく染めるポイント。

顔周りも、泡の弾力で流れないので、白髪が完全に覆われるようにたっぷりのせます。

シャンプー後の濡れた髪に使うタイプだと、お湯に溶けて流れてきたりしますが、乾いた髪に使う泡タイプだと、流れる心配がないのもいいですね。

 

さて10分放置後、すすいでシャンプー、乾かしたのがこちら

ルプルプヘアカラーフォームで染まった白髪

染まりました~。

1回でこれだけ色が入れば充分って感じ。

 

そして、なんとなく髪が立ち上がる感じがするので、ポリマーが入ってたのかなと思ったんですけど、違いました。

ルプルプには、Zeinというトウモロコシ由来のコーティング成分が配合されてるんですね。これがシリコンのような働きをして、色を入れた髪をコーティングするんだそうな。

それで、色持ちも良くなってるんですけど、髪の表面が張った状態にもなるため、髪の根元が立つんですよ。

不自然なツヤが出るようなことはないし、これはなかなか良いぞと思いました。

泡タイプの白髪染めの中でも、刺激の強い成分が使われておらず、簡単に使える。色もしっかり入り、もちも良いので、これはいい白髪染めだと思いました。

 

こちらもどうぞ

キラリ カラートリートメントムース

美容皮膚科と共同開発したスキンケア品を作っている、ナノエッグから出ている白髪染めトリートメント。以前はペースト状の製品でしたが、リニューアルされて泡タイプになりました。弾力のない、とろりとした泡で髪によくからみます。

 


このページの先頭へ戻る